ツノシマクジラ骨格標本

ツノシマ

2000年、角島大橋が開通し、本土とつながった角島に、つのしま自然館が2003年に開館。90年ぶりに新種のツノシマクジラと命名されたクジラの骨格標本が展示されています。骨格の長さは、約11.5メートルです。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA