調査捕鯨、いざ南極へ。

調査捕鯨船勇新丸と第2勇新丸、水産庁の監視船が12月1日下関漁港から南極海に向けて、出航しました。国際司法裁判所が2014年3月に出した南極海での調査捕鯨停止を受けて中止していましたが、新たな計画のもとでの調査捕鯨の再開です。今回の捕獲対象はミンククジラ、捕獲数は333頭を目標にしての出航です。全員の無事帰港を祈っています。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です